ブログ

2014年 10月のアーカイブ

続・角皿

本日お披露目の一品。

7/23、10/10のブログに続く第3弾の角皿シリーズです。

今回のお皿は真ん中に蜘蛛の巣文を大きく配し
周りをリーフ模様で囲んだ大胆かつハイセンスな
デザインです。

私ならインテリアとして飾りたいなぁ~~

生徒の皆さんならご存知ですが、蜘蛛の巣文(クモノス文)は
とても難しい技法です。
中央の円形がいびつになったり、先端がビシッと決まらなかったり。
こんな見事なカットは経験を積まないと出来ないんですよね。

デザインといいカットの確かさといい“さすが”な一品、
M・Rさん ご協力ありがとうございました。

さて、この素材は生徒さんに大人気なので、オーダーをリピートしました。
今ならまだ在庫ありますのでご所望の方はお早めに♪

作品制作:M・Rさん(毎度のご協力に感謝です!)

2014.10.29

一日体験教室 ~10月~

秋晴れの一日、19日に体験教室を実施しました。
今回のご参加は2名様。

中野区からお越しのN様と市川市のM様。
お二人とも江戸切子の体験は初めてとのこと。
お皿に挑戦されました。

3時間、黙々と取り組まれ素敵なお皿が完成しました!
是非、ご自宅でお使いくださいね♪

余談ですが・・・
よくお問合せで「体験でオールドグラスやぐい飲みを作りたいのですが」
というご質問を頂きます。
そうですよね。マイグラスが作れたらとっても素敵!

しかしグラスやぐい飲みのように深さのある品物のカットは
実はとても難しいのです。
当工房に通われている生徒さんで概ね半年~1年程度かかります。

ゆえに体験ではカリキュラムのお試しとして比較的彫りやすいお皿や
ペーパーウエイトといった‘平もの’をお作り頂いております。
どうぞご了承くださいませ。

お稽古を続けて頂ければグラスやぐい飲みが作れるように
ご指導させて頂きますので、是非ご利用くださいね♪

10月の体験教室にご参加頂きまして
ありがとうございました。

写真:N様とM様

板ガラスの使い方

お稽古の一番最初のカリキュラムは板ガラスに紋様を彫ること。

この板ガラスは角の面取りをしてからお渡ししていますので
完成後はご自宅でお使い頂けます。

コースターや花瓶敷き、ちょっとした酒肴を乗せても。

写真は額装して飾られた板ガラス。
S谷さんのお宅のコーナーです。
素敵ですよね♪
(額装は東急ハンズで12000円程だそうです。ご参考まで)

折角作った板ガラスですので、眠らせずに是非お使いくださいね☆

S谷さん、素敵なスナップをありがとうございました♪

制作と写真:S谷さん

2014.10.19

ゆめかわ♪

最近の流行語に‘ゆめかわ’という言葉があるのを
ご存知ですか?
私は知りませんでした・・・(^^;

「夢+可愛い」が語源らしいのですが、夢見る乙女のかわいいもの、
キラキラだったりフワフワだったりパステルカラーだったり、
いわゆるメルヘンチックな物やことを指すそうです。

ということで、Oさんの新作はまさに`ゆめかわ’♪

夏に七夕のイメージで作っておられました。
8/10のブログに磨き前の状態を掲載しておりますので
比較してみてください! 酸磨きするとこんなにキラキラ輝くんですね。

サイズは高さ7センチと小ぶりですが、存在感タップリのショットグラスです。

Oさん、撮影ご協力ありがとうございました♪

2014.10.16

角皿

本日のお披露目は角皿です。

すっきりしていて素敵でしょう?
使い勝手も他の器との相性も良さそうです。
サイズは16センチ四方ですので
大き過ぎず小さ過ぎず。

作り手は金曜日にお越しのYさん。もうベテランの生徒さんです。

同じ型の作品を7/23のブログでも紹介致しましたが
作り手が違うと全くの別物ですよね。

個性が活かせる手作りの良さ♪

食欲の秋、このお皿に何を乗せて頂きましょうか?

Yさん、ご協力ありがとうございました。

2014.10.10

ページの上部へ