ブログ

金継ぎ

大切にしていた器が欠けたり割れたりすること

ありますよね。

どういう訳か、気に入ったものや大切にしているものほど

憂き目にあったりしがちです。

 

工房でも、作成途中に欠けたり、

うっかり手を滑らせて割ったり・・・ということが

たまにあります。

壊れ物ゆえの宿命的な部分もありますが

あまりにも残念です。

 

こちらのぐい吞みの作成者もそのお一人でした。

 

被せの濃い素材を彫っていくうちにうっかり開けてしまった穴。

 

穴が開いたものは酸磨きに出せないので、

どうしたものかと思っていたら、

とある生徒様から 金継ぎで治せますよ。とご提案いただき

早速修理していただくことになりました。

 

蘇った作品がこちらです。

 

 

まるで最初からデザインされていたかのような

美しい手仕事です。

切子の瑠璃に金色がとても映えます。

 

こんなに美しく生まれ変わりました。

 

金継ぎを快くお引き受け頂いた生徒の増山様、

ありがとうございました。

ぐい吞みの持ち主、Tさんは大変喜んでおられましたよ!

 

切子と金継ぎ、伝統工芸の融合が生み出す

新たな美。

 

今後もお願いすることがあるかもしれませんが、

どうかよろしくお願い致します。

 

この度は作品提供にご協力いただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一点もの!

6月末に仕上がった作品から

とても素敵な2点を紹介いたします。

 

 

こちらのゴブレットは畑村さんの作品。

難しいステム部分に挑戦された渾身の一作です。

風格ある素晴らしい作品になりました!

 

 

 

石飛さん作 八角鉢。

予め側面にサンドブラストで七宝文があしらわれている

生地を使用しています。

ブラスト部分には手を加えず、底と側面の6面のみ

カットを入れました。

 

キラキラと輝く切子面と艶消しのブラスト面が良い雰囲気を

醸し出しています。

 

いずれも素材そのものの入手が二度と出来ない1点ものです。

 

良い作品に仕上がりましたね!

 

どうか大切にお使いになってくださいね。

 

この度はご協力、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

透明

切子は色によって呼び方があることをご存知ですか?

青→ 瑠璃

ピンク→ 金赤

赤→ 銅赤

透明→ 透き(すき)

無色透明のガラスを透きガラス(すきガラス)と呼びます。

 

江戸切子は透きガラスに繊細なカットを施したものが

その特徴とも言えます。

そしてなにより、

夏の透きガラスは本当に涼しげですよね。

 

先日、仕上がった作品から、透きガラスの数点を

ご紹介致します。

 

 

コロンと丸い形が可愛らしいぐいのみはKさんとMさんの作品。

 

Mさんはいきつけのお寿司屋さんに

マイグラスとして持参されるとのことです。

ご自分でカットされた器でいただく日本酒は

どんなに美味しいことでしょう!

お酒が進みそうですね。

 

Kさんは目下、切子の特訓中?!

新しい素材、カットにどんどんチャレンジしています。

みるみる上達され、毎回の完成に笑顔です。

熱心に向き合っておられるこその完成度。

これからも頑張ってくださいね!

 

 

 

こちらはN・Hさん作成の冷茶碗3個組。

とても品良くスッキリと仕上がりました。

麦茶にも蕎麦猪口にも使って頂けるサイズです。

無色透明は中に入れるものを選びません。

この夏、是非沢山使ってくださいね。

 

ご協力いただいた生徒様、ありがとうございました。

 

 

 

 

7月

7月に入り、猛暑続きですね。

年々、暑さが増すようで四季の移ろいを感じにくくなりました。

 

西日本では豪雨による大災害が発生、

言葉を失いました。

被災地域の方々に心よりお見舞い申し上げるとともに

一日も早い復興をお祈りいたします。

 

工房では5月末に提出した作品が、

酸磨きから戻ってまいりました。

該当される生徒様、お早目のお引き取りを

お願い致します。

 

 

 

 

 

 

2018.7.13

六月

ここ数日、梅雨らしい空模様が続いていますね。

気温の上下があるせいか、お風邪のかたも多いようです。

蒸し暑いけど雨で冷えたり、電車の空調がきつかったり。

皆様、体調管理に気を付けられ、うっとおしいこの季節を

上手に乗り切ってくださいね。

 

さて、そんなジメジメを一掃する今月の作品達。

爽やかな「青」を集めてみました。

中島さん作 丸ぐいのみ

厚手の口を剝いてすっきりと仕上がっています。

瑠璃のぐいのみは風格がありますね。

 

 

 

こちらは清水美穂さん作 総菊籠目のペアショットグラス。

丁寧なカットが光る作品です。

軽やかな色味は樹々の緑や青空を連想させます。

キリッと冷えた食前酒が似合いそうですね。

 

 

 

 

 

以前にもお披露目したことのある小鉢の作品達です。

左から神津さん、吉橋さん、齋藤久志さんの作品。

透明と藍色のガラスは、それだけで存在感があり

テーブルが引き締まります。

 

青の作品、いかがでしたか?

夏はこれからです。

あなたも是非、素敵な“青”の器にチャレンジなさってくださいね!

 

 

ご協力いただいた生徒様、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ