ブログ

受賞!!

4月6日~8日、江戸切子新作展が開催されました。

今回は第30回記念ということもあり、いつもの亀戸から

少し離れ、昨年オープンした東急プラザ銀座 キリコラウンジにて

開催されました。

東急プラザはその建築デザインに江戸切子モチーフを取り入れ

“大人の街・銀座”に似合うお洒落なたたずまいが評判を集めています。

 

そして朗報です。

工房秀石出身の切子職人お二人が受賞されました!!

 

江東区長賞:北白聡志さん “BRILLIANCE”

 

 

 

 

 

北白さん(旧姓・長嶋さん)は吹きガラスで素材を作るところから始め、

カット、磨きと全てをご自分の手で行っています。

つまり全くのオリジナル作品です。

お忙しい仕事の合間にこれだけの作品を手掛けるバイタリティーとチャレンジ精神。

力強くエネルギシュな作品はまるで今の北白さん、そのものです。

プライベートでもご結婚され、公私ともに充実されているご様子に

私達は心からの拍手を贈りたいです。

 

(以下、藤巻百貨店様HPより引用させて頂きました)

・輝きを求め辿り着いた立体カットと手磨き
東京スカイツリー内の装飾を手掛けたことでも有名な、創業大正12年の老舗「清水硝子」。

現在は、東京マイスターである三田隆三氏を筆頭に20代から80代まで9名の職人を擁している。

北白聡志氏も同工房で腕をふるう若手職人のひとり。「ブリリアンス」と名付けられた本作品は、

まさにその“輝き”がポイント。「太いカットの面にさらにカットを入れることで、

光を複雑に屈折・反射させ、より輝きが増すように工夫しました」と北白氏。

カットを重ねたことによる切子の立体感と、手磨きによるガラスの輝きをとくと眺めてほしい。

斬新なカットと伝統的な菊繋ぎや菊籠目文様とのバランスも実に見事。

透きガラスの硬質で清らかな美しさを、十二分に引き出した作品となっている。

 

東急プラザ賞:奥波羅幹典さん “生命の根”

 

ご記憶あるかたもいらっしゃると思いますが、昨年夏に

お稽古に日参していたあの奥波羅君です!!

今回の受賞は東急プラザの特別賞。

若者らしいのびやかな感性は、これからの彼の飛躍を

表現しているかのようです。

 

・線と線。その光と影が示す“生命の根”
大正10年に堀口市雄氏が創業し、伝統と技術を継承し続ける「堀口硝子」。

本作品は、切子職人の道を目指し、昨年同社の門を叩いた奥波羅幹典氏によるもの。

現在は技術力向上へ向け、日々研鑽を積む毎日だ。

「植物の力強さ、たくましさ」をテーマに創り上げたという。

あらゆる角度から鋭く走るカットは“動き”がありつつも緻密に計算されており、

太い曲線と質感の異なる3種類のラインが織り成す陰影には思わず見入ってしまう。

「生命の根」と名付けられた花器は、「植物や花の引き立て役としてのデザインを考えた」とも同氏。

その上にどんな植物が花開くのか、そんな想像を膨らませながら見てほしい。

 

北白さんも奥波羅さんも、出発は工房秀石で板ガラスに模様を刻むところからでした。

今は押しも押されもせぬ立派な職人となられたお二人を誇りに思うと共に、

これからも末永く応援していきたいと思います!!

 

心からおめでとうございます!!!

 

以下、藤巻百貨店のHPにエントリー作品全てが掲載されています。

是非ご覧ください。

http://fujimaki-select.com/edokiriko.html

2018.4.11

LINEで送る
ページの上部へ