ブログ

きらりと☆

12月~1月にかけて作られた作品が

磨きから戻って参りました。

該当する生徒様、大変お待たせ致しました。

 

その中からきらりと光る作品を集めました。

 

 

川畑さん作 ゴブレット。

細く繊細な籠目文に星と玉を入れ、豪華に仕上がりました。

アンティーク風でとても素敵です。

 

 

 

 

盛永さん作 冷茶碗

凝った親骨に籠目が映えて綺麗ですね。

 

 

 

こちらはカリキュラムの作品です。

左は昨年入られた福田さん作、右は塚本さんの作品です。

 

同じ文様ですが、割出の数を変えただけで雰囲気が変わります。

工房の生徒様に人気のお皿です。

 

いずれも透明無色、中に入れるものがより映える器です。

 

きらりと光る江戸切子は開運アイテム。

沢山使って良い運を沢山呼び込んでくださいね!

 

ページの上部へ