ブログ

ノーベル賞の・・・

「ノーベル賞公式行事の振舞い酒が手に入った!

次回持ってきますよ」と生徒の近藤様が仰ったのは

先週のこと。

 

お酒と聞いて目が無い生徒様同士、早速「試飲会」のお約束を

取り決めておられました。

それぞれお気に入りの盃を持参することで話はまとまり

工房の昼休みに場所を提供させて頂きました。

 

 

こちらがそのお酒。神戸の蔵元 酒心館「福寿」

縁起の良いお酒ですね!

 

盃は左から、増田さんご持参、窯元でご購入された萩焼。

琥珀と瑠璃の江戸切子は武田淳一さん持参、但野英芳氏の逸品。

金赤色の天開グラスは近藤さんご自身が作られました。

ご自慢の器でいただく吟醸酒は美味しいに違いないですよね。

 

 

お酒が入り、話に花が咲くお三方です。

 

そしてタイムリーな吉報が!!

ノーベル化学賞を日本人化学者 吉野彰さんが受賞されました。

 

まるで予期したかのような偶然にビックリです。

前祝のお酒の会になりました。

 

ご自身で作られた作品、皆さんはご愛用いただいていますか?

折角作った作品をお飾りにしては勿体ないです。

器は使ってこそ生きてきます。

今回ご登場の生徒様のように是非、ご活用くださいませ!

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ