ブログ

ガーリー♪

江戸切子はデザインの骨格となる親骨(太い線)と

繊細な文様の組み合わせで様々な表現が可能です。

 

 

写真の大鉢。

レース模様みたいでガーリーな仕上がりになりました。

 

作成は切子歴3年半の後藤静江さんです。

 

フリル状に配した親骨に

菊繋ぎ・八角かごめ・魚子(ななこ)をびっしりと。

鉢底は星の輝きに見立てた菊文を。

 

切子の細かな文様からきっちりと学ばれ、ご自身でデザインされました。

世界に一つだけの素敵な作品です。

 

末永く大切にお使いくださいね。

 

 

 

 

ページの上部へ