ブログ

大皿

 

菊籠目を一面に配した見事な大皿。

作者は水留さんです。

じっくりと時間をかけて丁寧に彫られた逸品です。

 

サイズは30cmを越えていますのでずっしりとした

重量感があります。

 

 

中央に蜘蛛の巣文を施し、

周囲を親骨がすっきりと締めています。

 

加えて花縁で豪華に。

 

江戸切子の技と美しさを余すところなく盛り込んだ

素晴らしい大作です。

 

こちらの素材は既に廃番ですので

本当に貴重な作品となりました。

 

水留さんの作品は、どの作品も美しく

いつも溜息ものです。

ひとつひとつの作業が丁寧で正確で

ご本人のお人柄が表れるかのようです。

 

お忙しいお仕事の時間を縫って通われる

ベテランの生徒様ですが、

切子をこよなく愛する姿勢が

素晴らしい作品となって生まれてくるものと

確信しております。

 

水留さんの作品ファンは多いです。

どうぞこれからも末永くよろしくお願い致します。

次の作品も心から楽しみにしております!!

 

この度はありがとうございました。

ジャスミンと

今日の東京は朝から快晴です。

気温もどんどん上昇して、予報では30℃近くなるとか・・・

湿度が低いので暑くても過ごしやすく

本当に気持ちのいい季節です。

 

さて、本日の作品は・・・

 

“甘い香りのジャスミンが満開になりました。これをどう飾ろうかと

思案して、藍色のワイングラスを使ってみました。

敷物にしているコースターは海外旅行のお土産に貰ったコースターです”

 

素敵なメッセージと共に送られてきた切子の写真。

武田俊夫さんが撮影されました。

グラスは勿論、武田さんの作品です。

 

花の白×切子と敷物の藍×背景の緑

三色のコントラストが絶妙な1枚です。

甘い芳香さえ漂ってきそうですよね。

 

 

そしてもう1枚。

 

こちらは今月仕上がった角皿です。

左は菊籠目と菊風車の文様。

右は菊籠目の中央に蜘蛛の巣文。

いずれも太く入れた親骨が全体の引き締め役です。

 

この作品も武田さんが作成されました。

 

切子、俳句、絵画・・・と多彩な武田さんですので

いつも趣きあるお写真を送ってくださいます。

生活に切子を上手に取り入れられ、楽しんでおられるご様子が

伝わって参ります。

 

これからどんな作品が生まれるのでしょうか。

とても楽しみにしております。

 

この度はご協力ありがとうございました。

 

五月

今日は朝から五月晴れ。

やっといい季節になりました。

風薫る五月。

木々の緑が眩しく感じられ梅雨前の爽やかなひとときです。

 

さて、今日の作品はこの季節にぴったり!

作者は近藤統之さん。

素材はソーダガラスですがとても美しく仕上がりました。

色合いも爽やかですね。

 

 

抹茶碗だけでなくデザートグラスとしてお使いになりたいと

ご本人談。

冷たいバニラアイスに抹茶ソースをかけて。

かき氷に練乳小豆のトッピングも似合いそう。

この夏、大活躍しそうですね!

 

近藤さん、また素敵な作品を楽しみにしております。

これからも楽しくお稽古を続けてくださいね(^^)

 

 

 

 

 

 

組子の切子

切子に組子(くみこ)のデザインを取り入れたワインクーラー。

佐藤忍さんの作品です。

 

組子とは木を細く割り、釘やネジを使わずに組み合わせて作る木工です。

多くは日本間の障子や“らんま”として使われますが、

昨今は和風モダンな店舗の装飾などで見かけることが多いようです。

線の組み合わせで構成される江戸切子の文様と

どこか通じるものがありますよね。

 

 

 

 

江戸切子と組子のハイブリッドで新たな作品が

生まれました!!

 

 

 

 

 

花縁

本日ご紹介する作品は、いずれも縁が花の形にカットされています。

通称 花縁(はなぶち)。

作品に華を添える技法です。

 

 

小鉢3点。 佐藤忍さんの作品です。

シンプルなあられ文に花縁をあしらい

作品に個性をプラス。

すっきりと引き締まった美しい作品です。

何を入れてもよく映えそう!

さすがベテランの佐藤さんです。

 

 

村山さん作 向付

繊細なカットをお得意とする村山さん。

美しい花縁の手仕事は溜息ものです。

 

花縁は高度なテクニックを要しますし、

様々なダイヤホイールを使用します。

工房秀石では、ある程度の経験を積まれた生徒様に

この技法を学んで頂いております。

 

春のテーブルに花の器。

是非、作品づくりにトライしてみてくださいね。

 

佐藤さん、村山さん いつもご協力ありがとうございます。

これからも素敵な作品をお待ちしています。

 

 

ページの上部へ