ブログ

大作

切子歴20年になるベテランの生徒さんの作品を
UPします。

BIGサイズのワインクーラーです。
重量のある素材なのでカット時は傍で見ていても
大変そうでした。
重い素材を抱えたままで彫り進めるわけですから、
一度に沢山は彫れません。
時間をかけて少しずつ慎重に作業します。

酸磨き後は写真の通り素晴らしい完成です!

この作品は6月の工房作品展に出品されるとのこと。

画像では大きさが実感いただけないと思いますが
高さ23cm、直径25cmの大作です。
緑色が綺麗なハンガリー産のガラス生地です。

是非実物をご覧いただきたいです。

私達の作品展では市販品には見られない素敵な作品が
沢山並びます。

切子のご興味のある方は、是非一度
足をお運びくださいませ!
江戸切子の概念がきっと変わると思いますよ♪

ご来場を心よりお待ちしております!!

写真はTさんの作品

2014.5.14

作品展のお知らせ

「第9回 江戸切子工芸教室 作品展」を
開催致します。日時:2014 6/20(金)~ 6/22(日)
20日 12~18時
21日 10~18時
22日 10~16時

場所:タワーホール船堀 1階展示ホール

※入場無料

工房の生徒さん約50名による2年に一度の作品展です。
是非ご高覧ください。

ファイヤーポリッシュの鉢

当工房では通常、カット後は<酸磨き>で仕上げをして
いますが、<ファイヤーポリッシュ>で仕上げる方法が
あります。

“ファイヤーポリッシュ”とは加熱処理を加えて
粗目を溶かして角を取り、艶を出す技法です。

今回、同じ大島エリアの吹きガラス工房「グラスルーツ」さんの
ご協力により、中鉢を試作しました。

まず、素材を吹きガラスで制作して頂き、
当工房でカット後、再度ファイヤーポリッシュして
完成です。

今回は試作なので、あえて様々なカットを
入れてみました。深い彫りから浅い彫り、
花縁などです。

写真でもおわかりのように、とても綺麗に仕上げて
いただきました。酸磨きとなんら変わりません。

ただ、この仕上げの熱処理は素材が大きくなると
かなり難しい技法とのことですので、特注品に限られます。

時代や環境に合わせて変化していくニーズに対応する
ことも大切ですので、今回はとても良い試みでした。

ご協力いただきましたグラスルーツさんに
心より感謝申し上げます。

グラスルーツさんのHP
http://www.glassroots.co.jp/index.html

2014.5.5

Traditional crafting “Edo Kiriko”

先月の体験教室で江戸切子に魅せられたKさん。
今月から生徒さんとしてお稽古にいらしています。

昨日はKさんの会社のボス、マレーシア人のR様が
体験にいらっしゃいました!!

体験に海外のお客様がいらっしゃるのは
初めてです。ドキドキ。

通訳をKさんにお願いしてのレッスン、
3時間でクリスタルの深皿を仕上げました。

初めての江戸切子はいかがでしたか?

マレーシアの伝統工芸の事なども伺ってみたかったです。

来月の磨きあがりをお楽しみにお待ちくださいね♪

初めて切子体験をされたR様

一日体験教室を開催しました! ~その2~

本日仕上げた作品です(写真上)

初めての江戸切子、楽しんで頂けましたか?

今日はお稽古の生徒さんも一緒でしたので
通常の教室風景もご覧いただけました。

もうすぐ作品展なので、皆さん黙々と創作です。
作品の完成が楽しみです!

6月の工房作品展も是非いらしてくださいね。

ご参加ありがとうございました。

2014.4.20

ページの上部へ