ブログ

江戸切子のシャンデリア

日本橋三井ホール(コレド室町)で開催中の
“江戸桜ルネッサンス”に行ってきました。

《日本の美・江戸の粋》を様々な技法でインスタレーションするアートなお花見?!

日本画や友禅、和紙、伊勢型紙が織りなす
華やかな空間が回廊風に楽しめます。
中央にはプロジェクトマッピングを使用した
夜桜景色が・・・

みどころは何と言っても切子のシャンデリア!
江戸切子のグラスで作られていて圧巻です。

壁にも切子のライトがはめこまれています。

妖しくも美しい空間体験でした。

別料金にてお茶とお菓子も頂けますし、
夜はバーカウンターでお酒も。(グラスは切子かな?)

3月30日(日)まで開催中です。

詳細は公式HPをご覧ください。
http://www.edo-sakura.jp/

2014.3.18

一日体験教室 ~3月~

3月16日、一日体験教室を開催致しました。
今回はしばらくぶりにご連絡をくださったH様と、お友達のY様が参加されました。H様は以前に作られていた作品の続きを、Y様は
小皿に取り組まれました。

Y様、切子は全く初めてとのことですが
とても綺麗な線をスムーズに彫り進めておられました。

江戸切子体験はいかがでしたでしょうか?

6月には作品展がありますので、
是非また遊びにいらしてくださいね。

写真はご参加頂いたY様とH様

第26回 江戸切子新作展 その2

江戸切子親善大使 The Alfeeの坂崎幸之助賞には
高野秀徳さんの「阿吽」。
カマボコ(カットホイール)で大胆にカットされた
印象的な花瓶です。

「江東区議会議長賞」には大ベテラン南端久司さんの
「花」が選ばれました。
これぞ「江戸切子」と呼ぶにふさわしい正統派の
作品です。斬新な作品の中にあって場を引き締める
格調高さがありますね。

他の作品を掲載できず残念ですが、
デザイン、カット、各々が工夫を凝らした
素晴らしい作品の数々にみとれました。
展示期間がたった二日では勿体無いくらいです。

工房に写真を用意しましたので、ご覧になりたい
方はお申し出ください。

来年はどんな作品が見れるでしょうか。
楽しみです。

第26回 江戸切子新作展 その1

3/1~2日、江東区カメリアプラザで開催された
「江戸切子新作展」に行ってきました。

毎年恒例のこの展は組合所属の伝統工芸士や
職人の力作が揃うハイレベルな作品展です。

新作の他、販売や体験もあり、年々若い来場者も増え
活気に満ちています。

両日午後2時~、江戸切子協同組合の林理事長から
入選作品の講評があり、興味深く拝聴しました。

大賞にあたる「経済産業省商務情報政策局長賞」は
蒲田切子主催、鍋谷淳一さんの「in shell」。
審査員の満場一致で選ばれたとのことです。
「全体を貝殻に見立て、クジラが泳ぐイメージを形に
しました」とご本人のコメントでした。

江東区長賞には堀口切子主催 堀口徹さんの「kizami」。
ご本人のコメント「観る角度によって
印象のちがう感じをカットで出したかった。
接点の小さな底にすることで緊張感を持たせた」

堀口さんの作品はいつも斬新なアートです。

・・・続く

江戸切子新作展のお知らせ

来る3月1日、2日 毎年恒例の
江戸切子新作展が開催されます。

江戸切子協同組合主催のこの展は
今回で26回目を迎えます。

ベテランから新進気鋭の作家まで
数々の作品が一堂に会すまたとない機会です。

各日午後2時からは入選作品の解説が
あります。

写真撮影もOKです。

詳細は江戸切子協同組合のHPを
ご確認ください。

http://www.edokiriko.or.jp/information/archives/new58.html

ページの上部へ