ブログ

シンプルな花瓶

先日完成した生徒さんの作品をUPします。

この花瓶は単色・琥珀のクリスタル製です。

単色ガラスは色被せガラスより大人しい
イメージですが、文様によってはとてもシックで
カッコよく仕上がります。

しかしカットの難しい素材でもあります。
彫っても地の色が出てくるわけではなく
ガラス地にメリハリが無いので、うっかりすると
彫り過ぎになりかねません。

写真の作品はシンプルな矢来文が花瓶の
形とマッチしてとてもモダンな印象です。
ちょっと北欧テイスト?!

洋室にも和室にも合いそうで、使い道が
広がりますね。

こちらの作品も6月の作品展に出品決定!
是非、実物をご覧頂きたい作品です♪

写真はM山さんの作品です

2014.5.20

一日体験教室 ~5月~ その3

5月の体験も無事終了し、皆様に楽しんで頂けて
嬉しく思います!

仕上げられた作品は、同じ文様でもその方その方の
個性が出るのでおもしろいですよね♪

オリジナルのお皿、この夏、食卓で
大いに活躍させてくださいね♪

ご参加ありがとうございました。

写真上:完成作品  写真下:工房の前で

2014.5.20

一日体験教室 ~5月~ その2

M様は六角籠目文を選ばれました。
こちらは線の本数が多いので、ちょっと大変ですが
どんどん彫り進んで、仕上げの菊文の入れ方も
個性が溢れていました!
「面白い~!」と楽しそうにカットされていたのが
印象的でした。

「江戸切子を習いたくて♪」と、お一人でご参加
くださったN様は、切子2度目だそうです。
サンドブラストも経験されているとあって、
ガラスの取り扱いに慣れているご様子でした。

カットもサクサク進められ、短い時間内で
綺麗に仕上げられました。

写真上:M様   写真下:N様

一日体験教室 ~5月~ その1

5/18 一日体験教室を開催しました。

今回は4名の方にご参加頂きました。

学生時代のご友人といらしてくださったK様ご夫妻と
M様。

K様は奥様が切子にご興味があり、ご主人を誘っての
参加です。
江戸切子体験は全く初めてとのこと。

ご夫婦で同じ文様に挑戦されました。

写真:K様ご夫妻

大作

切子歴20年になるベテランの生徒さんの作品を
UPします。

BIGサイズのワインクーラーです。
重量のある素材なのでカット時は傍で見ていても
大変そうでした。
重い素材を抱えたままで彫り進めるわけですから、
一度に沢山は彫れません。
時間をかけて少しずつ慎重に作業します。

酸磨き後は写真の通り素晴らしい完成です!

この作品は6月の工房作品展に出品されるとのこと。

画像では大きさが実感いただけないと思いますが
高さ23cm、直径25cmの大作です。
緑色が綺麗なハンガリー産のガラス生地です。

是非実物をご覧いただきたいです。

私達の作品展では市販品には見られない素敵な作品が
沢山並びます。

切子のご興味のある方は、是非一度
足をお運びくださいませ!
江戸切子の概念がきっと変わると思いますよ♪

ご来場を心よりお待ちしております!!

写真はTさんの作品

2014.5.14

ページの上部へ