ブログ

切子のアクセサリー

切子のペンダントトップが完成しました。
黒っぽい洋服にとても映えて素敵です!制作者はKさん。Kさんご本人に着けて頂き
撮影しました。

実はこの作品、割れてしまった作品(お皿)の
リユースです。

「割れたお皿が蘇ちゃうなんてスゴイと思います!
思いがけず素敵な作品ができて嬉しいです」
とご本人談。

お気に入りの作品が破損するのはガッカリだけど
こんな素敵に蘇るならこれもまたアリ? (^v^)

2014.1.16

年の初め

ここのところ寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

お正月気分も抜けて、また新しい1年がスタートしました。
工房もプチリニューアルして皆様のお越しをお待ちして
おります。

さて、
昨年11月中に提出された作品が磨き上がっております。
提出された方はお楽しみに♪
作品の完成はいつもワクワクしますね!

今年は工房作品展YEARです。会期は6/20~22です。
5月末の磨き上がりを視野に入れ、今から
作品づくりに臨まれますようお願い致します。

今日の写真は切子歴15年のMさん。
磨き上がったオールドグラスを持ってニッコリの1枚です♪

2014.1.12

新年あけましておめでとうございます

皆様、お正月をいかがお過ごしでしょうか。

お正月こそ切子の器が大活躍です。
お節料理がグッとひきたちますよね。

雅な輝きは華やかな食卓を演出します。
自分で作った創作切子で
お・も・て・な・し
素敵ですね♪

工房は1/8から始まります。

本年もよろしくお願い致します。

良いお年を!

今年も残すところあと1日となりました。

皆さんにとってどのような1年でしたでしょうか。

今年は須田富雄先生(二代・秀石)が永眠されるという
とても悲しく残念なことがありました。

しかし、先生の残された工房は相変わらず
沢山の生徒さんで賑わっています。

先生の穏やかな笑顔にお目にかかれないのは
淋しいですが、職人として生涯を貫かれた須田先生の
溢れる思いをいつも感じます。
工房そのものが須田先生なのですね。

さて、工房では大掃除も終わり新たな気持ちで
新年を迎える準備ができました。

皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

来年も工房秀石をどうぞよろしくお願い致します。

(写真:二代秀石 作 花縁蜘蛛ノ巣文八寸鉢)

2013.12.30

メリークリスマス☆

今日はクリスマスです。

生徒さんがクリスマスブレッドの“シュトーレン”を
持ってきてくださいました。 おいしそう~♪

さっそく切子のプレートに乗せてみました。

切子は和食だけでなく洋風アレンジも素敵です。

皆でとても美味しくいただきました。
Nさん、ご馳走様でした!!

ページの上部へ