ブログ

カテゴリー:切子Exhibition

江戸切子の世界展

1月15日から町田市立国際版画美術館で

『江戸切子の世界展』が開催されています。

 

故・須田富雄(二代目秀石)の寄贈品、

現・秀石(堀口徹氏)、その他 大作が並ぶ展示となっています。

 

須田先生の迫力あるパンチボール。

工房秀石作品展の際に展示致しましたので

覚えていらっしゃるかたも多いと思います。

 

 

 

 

こちらの大皿はDMハガキに使用された作品です。

 

須田先生の作品はこの他にも展示されていますので

お近くでご覧になりたい方は是非お出かけください。

入場無料です。

 

会期 1/15(水)~1/26(日) 10:00~17:00

会場 町田市立国際版画美術館 市民展示室A室

お問合せ 町田市立博物館 Tel 042-726-1531

http://www.city.machida.tokyo.jp/

 

 

江戸切子の世界展

二代目秀石 故・須田富雄と三代秀石 堀口徹さんの切子展が

年明けに開催されます。

場所は町田市立国際版画美術館。

会期は 2020年 1/15(水)~26(日) 〈月曜休館〉

http://hanga-museum.jp

 

2017年4月に町田市立博物館へ寄贈した二代目秀石の作品から

2作品の展示が決まっています。

須田先生の作品にお目にかかれるチャンスですので

ご覧になりたいかたは是非お越しください!

 

町田市立博物館は現在、閉館しており

収蔵品は出張展示されるとのことです。

情報が入りましたらまたお知らせ致します。

 

 

写真の作品

須田富雄作: 『茄子紺被花縁菊籠目文大皿』

 

グラスアート展 in長浜

工房でいつもお世話になっている、北白聡志さん

(工房秀石卒・現在は㈱清水硝子の切子職人さん)から

嬉しいお知らせが舞い込みました!

 

先般開催された第2回北近江サケグラス工房展にて

北白さんの作品が第5位に選出されました!

繊細なカットが美しく、

手に取っておもわず眺めたくなりますよね。

“江戸切子”の名にふさわしい上品な逸品です。

 

また、金賞は(有)根本硝子工芸の若手、

根本幹大さんが受賞されました。

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.kurokabe.co.jp/event/6935/

 

数あるガラス工芸の中から選ばれた

お二人の美しい江戸切子。

本当におめでとうございます。

 

作品は来年2月2日までJR北陸線・長浜駅の

以下のギャラリーに展示されるそうです。

 

ガラス工芸に力を入れる街・長浜。

これからも目が離せないスポットです。

 

黒壁十四號館 gallery AMISU(ギャラリーあみす)
TEL.0749-62-6363
FAX.0749-65-2333
mail.gallery-amisu@kurokabe.co.jp

 

 

笑顔の懇親会

作品展二日目の夕方、ギャラリーそばのレストラン「くじらおか」様で

懇親会を開催致しました。

25名の生徒様と楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

 

会の恒例、ビンゴゲーム。

なかなか最初のビンゴが出ず、ヤキモキしましたが

見事1等獲得のYさん! 景品は秀石銘入の冷酒盃に感無量!!

 

 

 

 

当たりの皆様、おめでとうございます!!

 

普段の真面目なお稽古時とは違い、リラックスした雰囲気を

楽しまれたご様子で、笑顔の絶えない会になりました。

2時間足らずはあっという間の短い時間、お名残惜しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はお店の前で記念撮影。

くじらおか様、お世話になりました~。

また次もよろしくお願い致します!

 

 

作品展御礼

第11回 工房秀石作品展はお蔭様を持ちまして

盛況の内、幕を閉じることが出来ました。

会期中はお天気に恵まれ、多くのお客様にご高覧いただくことが

できました。

ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

今回ご参加いただいた生徒様は73名。

作品数は360点以上にのぼりました。

この1~2年で新たに生徒様となられ、10名以上のかたが初参加と

なりましたが、初めての作品展はいかがでしたか?

 

準備や搬入・搬出のお手伝い、受付に座って頂いた生徒様、

また毎日お弁当を作ってきてくださった齋藤様、

目に見えない部分で沢山ご協力いただいた小林君。

そして全生徒様。

 

本当にありがとうございました。

 

作品展は生徒様のご協力なくしてはできないイベントですが

皆様の温かいお心遣いに感謝の気持ちで一杯です。

この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 

作品展は多くのかたに観て頂く事や沢山の作品を観る事で

センスや技を磨くいい機会です。

これからもそのような向上の場になれば幸いと存じます。

 

次は2年後、令和3年の開催を予定しております。

2年は長いようであっという間です。

 

生徒の皆様、次回もどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ